主観的な喜劇

~Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot. Charlie Chaplin~ 人生は主観的に見ると悲劇だが客観的に見ると喜劇であるらしい。それはともかくただの高校生(現在は大学院生)のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEGHN

中一の頃、自分がプログラミングをはじめて最初の文化祭で公開したゲーム。

ZEGHNスクリーン

ダウンロード(zip形式、210KB)

今見ると突っ込みどころ満載のこのゲームだが、あえて公開してみる。
なんかいつ作ったのかわからないhtml形式の説明書とかついてるし。
謎の球体が剣で精霊たちの試練を乗り越えていく(多分)アクションゲーム。ラスボスは結構鬼畜だった気がする。
確か精霊の設定とかジャンルとかはテイルズに影響を受けていたと思う。

1/31現在バージョン2.10

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。