主観的な喜劇

~Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot. Charlie Chaplin~ 人生は主観的に見ると悲劇だが客観的に見ると喜劇であるらしい。それはともかくただの高校生(現在は大学院生)のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリの裁き 構想ノート

自分が過去に製作したシュール過ぎるゲーム「トリの裁き」。未完の作品ですが、コンパイラがぶっ壊れてしまったため続きを作ることが出来ない状態です。
そのため、代わりにこのゲームに関して自分が構想していた内容や秘話などをまとめてみました。

少しでも楽しんでいただければ幸いです。

自分が過去に製作したシュール過ぎるゲーム「トリの裁き」。未完の作品ですが、コンパイラがぶっ壊れてしまったため続きを作ることが出来ない状態です。
そのため、代わりにこのゲームに関して自分が構想していた内容や秘話などをまとめてみました。

少しでも楽しんでいただければ幸いです。

まずはこのゲームの誕生秘話から。
実はこのゲームの最初の構想は、道端に落ちているものを持ち上げて、他のものに投げつけて進んでいくアクションゲームの予定だった。それが作業中に「ここをこうしたら下半身だけ壁をすり抜けるんじゃね?」ということを思いついて遊びで試してみたところ、なんか予想以上にシュールだった。
そこで、「もしかしたらこれだけでゲームになるんじゃねえか?」と思った自分は、プログラムが物凄く面倒だと気づきかけていた当初の計画から変更して、下半身が様々な上半身を借りて冒険するというカオス過ぎるゲームの構想に至ったのである。
ちなみにキャメロンハルト君が歩くときの手の奇妙な動きは、当初の構想でいう主人公が物を持ち上げるときのモーションの名残である。

続いて、ステージの構想。

ステージ3 戦車
戦車
・足の上に戦車がのっかる。強そう。
・チャージができる。
・普通に撃つと砲弾。目の前の敵をなぎ払う。
・少しためると火炎放射。目の前の敵を焼き尽くす。
・たくさんためると極太レーザー。骨も残さん。
・多くためた攻撃ほどスコアが多く手に入る。
・当たった敵は三体バラバラになって吹っ飛ぶ。

ステージ4 木星
木星
・でかいよ。
・木星ビームとか木星パンチとかうてる気がする。
・当たった敵はタコチュー星人になる。
・更に攻撃を当てると色が変わる。これがスコアに関係しているとかしないとか。
・BGMはグスターヴ・ホルストの木星

ステージ? 車

イメージ略。
・上に車がのってる。足は後輪の位置に来る。
・すっさまじいスピードで走る。ほんとにすっさまじいスピード。
・そのスピードで大量のヤンキーを轢き飛ばす…と思いきや車の前面に張り付く。
・車を止めるとやっと吹っ飛ぶ。
・曲は荒ぶる白鳥の湖。…↓

荒ぶる白鳥の湖(mp3)(微妙にやかましいので注意)
この曲を作るに当たってWEB WAVE LIB様の素材を使わせていただきました。

ラストステージ ラスボス
ラスボス
・ついにトリとの最終決戦。気合を入れて上半身お取り寄せ口からもらったところなんとラスボスっぽい何かが!
・ラスボスなので当然鬼のように強い。何の相手は近づく間もなく粉砕される。
・しかしトリもへんなのを大量に召喚して大混戦に。

エンディング

・遂に鳥を倒すと、元の上半身含め冒険中に出てきた上半身がまとめて降ってくる。よかったね!キャメロンハルト君!
・ハルト君と上半身達でジ・エンターテイナー的な曲を踊って終了。
・スタッフロールはこんな感じ↓
スタッフロール

と、まあこんなもんでしょうか。
ちなみに、本来Kamikaze Remixは仮のBGMで、元々は各ステージごとにそれっぽい曲をつけられたらいいなぁ、と思っていました。

というわけで、記事はこの辺までとさせていただきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。