主観的な喜劇

~Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot. Charlie Chaplin~ 人生は主観的に見ると悲劇だが客観的に見ると喜劇であるらしい。それはともかくただの高校生(現在は大学院生)のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月

新年明けましておめでとうございます。
もう四日ですが、自分は昨日山形から帰ってきたばかりなので遅れて言わせてもらいました。

で、今年も何人かに年賀状を送った記憶がありますが、かなりの手抜きでどうしようもないものになっています。
ということで今更ながら自分で年賀状のデザインを作ってここに貼り、各自で絵を拡大コ印刷して私が送った年賀状に貼り付けてもらう…というのを考えていたのですが、書いてみたところどうも自分でもビックリするぐらい珍妙な(というかキモい)絵になってしまったので張り替えるのは任意ということにします。
丑年

福笑いも用意しました。暇な人は遊んでみてください。
吹く笑い

…なんかこのブログ全体的にネタまみれになってきてるなぁ。

話は変わりますが、深夜にテレビを見ていたら、芥川龍之介の桃太郎と言うものをやっていたが、内容が妙にブラックだったので、ちょっと調べてみた。
青空文庫「桃太郎 芥川龍之介」
(まあ自分はそのテレビ番組で話のだいたいのあらすじを教わっていたので読むのに大して苦労しなかったわけであるが。)
とりあえず子供に読ませるにはちょっと酷な話ですが、こういうパロディは個人的には結構好きです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。